Cotton Shirt

シャツを作りました。長袖、半そでを作ったことがあるのですが、今回の生地※は今までで一番薄いものです。

c0347158_04174494.jpg
前回VogueのパターンでMensシャツを作った時はサイズは合うけど身体にフィットしないという事で
背中の厚みを調節するためにパターンを色々変更する必要がありました。なので今回は日本で購入していた本の型紙で。

Vogueパターンは英語とフランス語で書かれているのでアジア人体型向けではないんですよね~。
どこが違ったかというと首から肩甲骨にかけての背中の部分です。
欧米人は胸板も厚いですが背中も厚かったのですね。
夫はガリガリに痩せている訳ではありませんがいつもスリムを着ているので余計に背中がブカブカしました。

本についている型紙なのでいくつもの型紙が重なって書いてあって見るのがつらーくなりながら別の紙に写し、
各ポイントのサイズをチェックして布裁断に取り掛かりました。
布の裁断が一番時間がかかって大変なんですよね~。失敗したら大変だし119.png

ほぼ本の支持する通りに作ってみました。ほぼですけどね110.pngいつも変えたい部分があって少し変えてしまいます。
ポケットがいらないという事でポケットなしです。作業が減って助かります104.png

本の説明がびっくりするくらい丁寧でした。私が知りたい部分が書いてないところもありましたけど...。
いくつもパーツがあり、おまけに薄い布を使っていたので集中しながら作ったのでいつもより疲れました。
薄い布は針が少し引っかかるだけでも布を傷めてしまいますからね。
ボタンホールもリッパーを使うと布の糸が引き込まれてしまうのでノミの様なもので穴をあけました。

丁寧に時間をかけて縫製したので長く着てもらえるといいなと思ってます。179.png


※ファッションブランド製のCotton

[PR]
by retroclasp | 2017-09-01 17:48 | 作る・造る・創る | Comments(0)

最近初めてKnickersを作ってみました。いわゆるPantiesですがタイトルに書くのはなんだかちょっと恥ずかしいので。。。109.png
米国ではPanties、英国ではKnickersなんですよね~。 ThongsやTangaは米・英共通で日本ではTバック?
下着を作るのは初めて!今まで何で作ってみようと思ったことがなかったのかな~、と思いましたがそれはやはり日本に住んでいて丁度いい物を簡単に手に入れることができたからですね。
今は、まず日本人とは体型がずいぶん違うので売っているものが明らかに違います。足の周り?太ももの周りが大きすぎるものやレースものが多くて自分サイズのものを見つけることができないのです。
それで作ってみることにしましたー。

~用意したもの~
ストレッチ生地(比較的薄めで伸びの良い物)
ゴム(ちょっとレースの様なデザインのある物)
普通のミシン糸
ストレッチ用の針(ニット用)
自分の好きな形の下着

~手順~
好きな下着を参考に型紙を作る
ジグザグミシンでストレッチ生地を縫う
ゴムをウエスト・足回りに縫付

ミシンの3番と4番だけ使いました。
普通の針でも縫う事が出来たのですが生地がミシンに引き込まれやすかったのでやはり
押さえは普通の押さえを使いました。
c0347158_09302755.jpg
本当は完成品もご紹介したかったのですが、上手に撮影できなかったので諦めました。110.png

158.pngknickers 探しにもう困る事はありません。
布選び・ゴムレース選びを楽しみながらまた作ってみたいと思います。


[PR]
by retroclasp | 2017-07-05 11:26 | 作る・造る・創る | Comments(0)

カラー

かなりお久しぶりになりました。
お仕事は休業中ですが、最近は少しでも多くの服やカバンなどを沢山作りたいと思って頑張ってます。

カラーの組み合わせで同じデザインの物を見ても自分のワクワク感(トキメキ)が違うんですよね。ミュージアムに行って心が色に向きました。
自分の好きな色やトーンなどを改めて知りたくなって買ってみました。
c0347158_23552980.jpeg

Tint • Tone • Shade
英語なのでジーッと見ると疲れます027.gif



[PR]
by retroclasp | 2017-03-08 23:40 | 作る・造る・創る | Comments(0)

無料で学べる大学講座

久しぶりにここに来てみました。ご無沙汰してます皆さまお元気でしょうか。

MOOC ムークス(Massive Open Online Course)という世界の色んな大学などが開いている講義があるようで日本ではgaccoというサイトがあることを知りました。無料でも色々な講座があるのですね。世界のどこにいてもネットで学ぶことができるってすごいですね~。(地域によっては制限があって見れないところもあるのかもしれませんが)

せっかく学ぶならばできれば服飾関係の事を学んでみたいと思いみていると「平安から現代のファッションまで」を見つけました。
平安からの和・洋への移り変わり、また洋裁が流行った時代、そして既製服が流行った今日までを学べました。

また気になる講座があったらぜひ受講してみたいと思います。


[PR]
by retroclasp | 2016-10-14 11:28 | 作る・造る・創る | Comments(0)

くろネコ ジロリ

いつもは綿の洋布や和布でがま口を作っていますが、冬の講座でパンダ🐼のキットを小豆先生にご用意頂きました。

手持ちに暖かそうなフワフワな白布がなかったので黒い布でネコを作ってみました。
目などのパーツはボンドで貼ったり、シール式のフェルトを使ったりしてます。
c0347158_20340337.jpg

c0347158_20342131.jpg
ジロリ目のネコ012.gif
黒だから顔わかりにくいですね〜027.gif

[PR]
by retroclasp | 2016-02-07 20:20 | 作る・造る・創る | Comments(0)

布ぞうり 自分サイズ

衣替えで片づけていたらまた着れなくなったTシャツがでてきましたので
今度は自分用に布草履を作ってみました。

作り方をちょっと変えて作ってみました。変えたのは鼻緒の部分。
もうちょっとアレンジしたいなぁ006.gif Tシャツ集まったらまた作ります。

その前にきちんとサイズを合わせて作れるようにしないといけません015.gif
メンズでは合ったのに今回はちょっと長くなってしまいました。
次回また頑張りまーす。
鼻緒は前回使わなかったので持っていたBeansの鼻緒です~016.gif
c0347158_13141787.jpg


[PR]
by retroclasp | 2015-10-16 11:01 | 作る・造る・創る | Comments(0)

大きい角型の口金を使って色々使えるケース?ポーチ?を作ってみました。
マチ付きタイプのがま口です006.gif

小さめタイプは小物用だけどもう少し大きいサイズがほしい。でも大きすぎるとじゃまになってしまう。んー、難しいなぁということでハサミや化粧品がちょうど入る約18cmの口金を使ってみることに。
15cmだと私のハサミが入らないんです。文房具入れにするときだけですけどね012.gif
口金も大きくなるとそれだけ重くなってきます。なので最低限のサイズで!
カバンがいつも重くなりがちな私、少しでも軽いものが好きなんです。037.gif

c0347158_09590040.jpg
マチも今回は同布で作ってみました


c0347158_09573101.jpg
口金は全開するので中がまるみえになり、取出し易いですね。


c0347158_09573131.jpg
色んな物入れてみました。




今後、北陸の教室でマチ切り替えタイプも開催できたらいいですね。016.gif
※口金も大きく縫う所も多いのでお財布よりは時間がかかります。



今日は体育の日。
何か運動したいなっ 066.gif

[PR]
by retroclasp | 2015-10-12 10:11 | 作る・造る・創る | Comments(0)

とてもいいお天気058.gif の中、昨日は京都リビング新聞社会場(烏丸)で
雑貨屋Beans主宰の小豆先生の布ぞうりの講座に受講生として参加させていただきました。
とってもとっても大人気の布ぞうり講座。20人以上の方が参加されました。
いらなくなったTシャツの使ったリユース(reuse),リメイク(remake)です。

ずいぶん前に綿の布を切って作ったり、タオルで作ったりしたことはあったのですが
Tシャツ・ニットで作ったことはなかったので参加しようとTシャツを準備しておりました。012.gif
・ニットの性質上クルッと巻きついてくれるので作りやすいですね
・布ぞうりの厚みもできるし肌触りもソフトで気持ちよさそうですね
・収縮があるので横幅の調節もしやすいですね

今回は紳士ものを作ってみました。27cm003.gif です。
※鼻緒は自宅で同じニットを使って作りました。

たくさんの皆さんが集まって作るのって楽しいですね~。
c0347158_10011475.jpg

小豆先生ありがとうございました。
ご参加の皆さま楽しい時間をありがとうございました。
突然材料費を集めていてビックリされたかもしれませんが、
がま口講師の渡辺まりい029.gifでした。

がま口財布・ポーチの講座もよろしくお願いいたします。040.gif



[PR]
by retroclasp | 2015-09-29 09:53 | 作る・造る・創る | Comments(0)

じゃばらポーチ

やっとゆっくりできたので作成途中になってたじゃばらポーチが完成しました。
じゃばらに使ってる布が固くて目も細かいので手縫いが大変。
このじゃばらはカード通帳が入れられるタイプです005.gif  ミシンで作れるようにアレンジしようかなぁ。

今度はカードケースを作りたいなぁと思ってます。いつになるかは未定ですけど011.gif
c0347158_18420653.jpg
c0347158_18423181.jpg



[PR]
by retroclasp | 2015-09-18 14:36 | 作る・造る・創る | Comments(0)

お友達から籐をたくさん貰ってきたから一緒に籐を編んでみない?と誘ってもらって
「作りた~い」016.gifということでおウチにおじゃまして教えてもらいながら作りました。

クラフト紙バンドで小物を作ったことはありましたが、籐で作るのは初めてでした。
籐を水で濡らして織り込んでいくのですが植物なので多少の細さの違いがあります。
この一定じゃないのがいいですね~。自然の温かさを感じます。034.gif
真っ直ぐにするのってなかなか難しいですね。乾いて乾燥すると籠もしっかり縮んで締まります。
あー楽しかった。053.gif
c0347158_10403932.jpg

[PR]
by retroclasp | 2015-09-13 09:45 | 作る・造る・創る | Comments(0)